国宝の隣の温泉宿「旅庵蕗薹(ふきのとう)」 – 大分県豊後高田市 –

富貴寺近くの温泉宿「蕗の薹」

遠くの人は国東半島、近くの人は豊後高田市と場所をイメージする「富貴寺」。

富貴寺の門
(2019年の写真)

かつて宇佐神宮の長だった宇佐氏が建てた歴史あるお寺の隣にある宿が「旅庵蕗薹(ふきのとう)」です。

富貴寺近くの温泉宿「蕗の薹」

初めてその建物を見た時は「なんと洒落た…」と驚いたものです。

部屋の種類は集合型と離れ。

離れには内湯付きと内湯無しの二種類がありました。

富貴寺隣の宿「蕗薹」部屋
富貴寺隣の宿「蕗薹」部屋

我が家は一度内湯付きの離れにも泊まりました。

富貴寺隣の宿「蕗薹」温泉内湯

内湯は多分…ヒノキ。

お湯の温度が低めなので、蛇口から褐色の源泉を入れながら、別の蛇口で熱いお湯を入れて薄めますが、それでも結構な色が出ていました。

泉質はこちらのホームページによれば「カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉」、効能は「神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身など」です。

共同の温泉が苦手な子供がいるので内湯を満喫しました。

追い焚き機能は無いものの、時間が経ってもなかなかお湯の温度が冷めなかったので入りやすい方だと思います。

温度調整が手間なら、共同の温泉の方が楽(ラク)でしょうね。

食事は新鮮な地域の食材がふんだんに取り入れられた手作り。

お蕎麦も手打ちとのこと。

富貴寺隣の宿「蕗薹」夕食
富貴寺隣の宿「蕗薹」夕食
富貴寺隣の宿「蕗薹」蕎麦
富貴寺隣の宿「蕗薹」デザート
富貴寺隣の宿「蕗薹」朝食
富貴寺隣の宿「蕗薹」コーヒー

料理の味はもちろん、さまざまな和食器が目も楽しませてくれます。

飲み物も、大分県の地酒が揃えられ、日本酒好きの自分には嬉しいポイントでした。

美味しい食事を食べて温泉に浸かり、歴史も楽しむ。ゆったりした時間を過ごしたい人にはおすすめの宿です。

国東半島巡りの拠点にしています。

付近には真木大堂(おすすめ!)、熊野磨崖仏と車移動ならすぐです。

旅庵蕗薹のページはこちら

▶︎ ふるさと納税でも泊まれます

富貴寺の記事はこちら




関連記事