この歴史の本が面白い。大元出版「出雲王国とヤマト政権」

宗像大社辺津宮

今は移住して豊前市に住んでいるけれど、その前は北九州市に長く住んでいた。

北九州市からよく訪れたのは宗像市。

のんびりした道だから下手な運転でもリラックスして運転できたからだ。

宗像大社 辺津宮
宗像大社 辺津宮
宗像大社 辺津宮
宗像大社 辺津宮

宗像市の世界遺産、宗像大社にもよく立ち寄った。

それまではあまり神社仏閣に行く方ではなかったが、宗像大社を散策して「こんなに綺麗な場所だったのか!」と驚き、他の神社仏閣にも興味を持つようになった。

宗像大社辺津宮から近くの鎮国寺、海側の織幡神社、海を渡って大島の宗像大社 中津宮、宗像大社の元宮と言われる光岡神社へと。

歴史は広く深く幅広くつながり終わりがない。

宗像大社 辺津宮

そのうちに宗像大社が始まる前の歴史について、知ることができた。

出雲王国とヤマト政権
-伝承の日本史-

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

出雲王国とヤマト政権 伝承の日本史 [ 富士林雅樹 ]
価格:2475円(税込、送料無料) (2021/7/24時点)


古代に活躍した宗像一族の祖とは、古代日本を長く平和に統治していた出雲王国の王「大国主」であり

大国主の妻は多岐津姫命(湍津姫神)
大国主の片腕あった副王・事代主の母は多紀理毘売命(田心姫神)
大国主と事代主を陥れた一派のリーダー「徐福」の妻が市寸島比売命(市杵島姫命)

と書かれていた。

文章で残すと改竄される恐れがあるからと、出雲王国の子孫が口頭で語り継いだ歴史だと言う。

宗像三女神は、実在していた?

この本を読み、宗像族と出雲族、物部氏との関わりがあることだけは理解できた。

歴史は複雑、でも面白い。

古事記や日本書紀では何だかしっくりこないと思う人にはおすすめの本だ。

amazonだと定価より高く売っていることがあるので、定価で欲しい方は大元出版に直接尋ねてみてはいかがだろうか。

豊前在住のフォトライターです。豊前市・中津市・宇佐市・豊後高田市及び周辺のおすすめグルメやお土産、スポット、役立ち情報を伝えています。インスタグラムでは主に動画を発信。フォローはお気軽にどうぞ。




関連記事